HOME 商品情報 封筒の知識 会社案内 ピースインフォメーション 環境・品質方針 リンク





 

 
 利用用途によって作成する封筒の形態を決定します
 封筒の形態(和封筒、カマス貼、洋封筒、マチ付…)
 貼り方(中貼、スミ貼、内カマス、外カマス…)
 仕上り寸法(巾×天地+フラップ)

 ※ポイント:内容物の厚みに応じた寸法の余裕、
       定形郵便の寸法範囲、封入方法による
       適合形態などに注意する。

 
 内容物のサイズ、重量や目的に応じて使用する
 用紙を選定します。
 紙質・紙色
 紙厚

 ※ポイント:必要な強度、紙厚による透け具合、
        重量に重量による郵送料金の違いを
       考慮する。

 
 封筒の印刷仕様の決定します。
 
内容・デザイン・レイアウト
 ■
刷色数・刷色内容
 ■
印刷方法

 ※ポイント:紙の地色や質により、
       印刷の発色変化を考慮する。
       印刷方法は、仕様、ロットに応じて
       様々な方法があります。
      ●フレキソ印刷・オフセット印刷・活版印刷…

 
 窓付封筒の場合、あて名表示用の窓の仕様を決定します。
 窓の寸法(フラップを上にして、たて×よこ)
 窓の位置(仕上り封筒の底から○○mm、左から○○mm)
 2ヶ所以上や封筒裏面の窓加工も可能です。

  ※ポイント:内容物の遊びに注意し、
       印字が窓から隠れないようにする。
        窓の材質は、OPSフィルムが一般的ですが、
       環境対応品もございます。
      ●再生フィルム・生分解性フィルム・グラシン紙…

 
 封入の効率化のために、糊加工をおすすめします。
 糊の種類
      ●アドヘア
       封筒本体とフラップの糊を接着し、封緘します。
       作業性が良くゴミがでませんが、
       長期保管には不向きです。

      ●GT(グットタッチ)
       ホットメルトを使用した強粘着タイプで、
       剥離テープを剥がして封緘します。
       高い接着強度を有し、コストパフォーマンスに
       優れています。

      ●エルコン
       フラップ部分に両面テープ加工を施します。
       主に、インサーター(自動封入封緘機)用の
       カマス貼や、洋封筒に使用されます。

 ※ ポイント:内容物、封入方法、必要糊強度、
       数量などにより、最適な糊仕様を決定する。



  【その他お見積りに必要な事項】
  作成数量・製版校正条件・梱包形態の指定・納入条件など




個人情報の取り扱いについて 商品情報の見方 環境情報マークについて サイトマップ

                          Copyright (c) 2010 KOHSHUNDO Co., Ltd. All Rights Reserved..